3年目にしてようやく行ってきた!
毎年10月第一週末実施のイサクア サーモン デイズ。
15万人もの集客がある人気のイベント。

17-10-08-22-34-43-583_deco[1]


すごい混むから駐車場がなくって、
みんなシャトルバスで向かうって聞いていた。

17-10-08-23-03-36-078_deco[1]



私たちもそうかしらーってあきらめてたら、
ちょうどいいところに駐車スペース発見。


時刻午前10時過ぎ。


ちなみにイベントは10時から6時まで。
既にほとんど駐車スペースは空いておらず、
私たちはちょっとはずれのところに。



でもシャトルバスだと大人往復$4かかるし、
そこまで行くの面倒じゃん。


その他有料駐車場もあるけど一日$10。



まずは屋台を見て歩く。
今までいろんなイベント行ったけど、ここが過去最大の出店数ではないかしら。



せっかくだしサーモン食べよう、つって
スモークサーモンベーグルのダブルを。$9


17-10-08-22-20-13-258_deco[1]


これがなかなか美味しかった。



かわいい石鹸のお店。

17-10-08-23-01-50-888_deco[1]


それから謎の、フィルムで雑貨を作るお店。

17-10-09-08-32-59-222_deco[1]



ネクタイとかバッグとか。
本物のフィルムなんだって。
そして、すごく頑丈。かつ、お値段そんな高くない。


さぺが好きな映画のがあったら買ってたわ、って。
あぶなかったわ。




それから、
たっくさん無料でなんやかんやとくれるテントがあるんだわ。



まずはカジノがやってるピンボールみたいので
私は量り、さぺは無料バフェ券ゲット。

17-10-08-22-14-56-033_deco[1]


それからKing Countyのテントでは無料ポーチを。
さぺは謎にポーチ収集癖あり。

17-10-08-22-13-54-969_deco[1]


あと、アパートのAvalonブースでも色々もらった。
フリスビーとか。
17-10-08-22-15-58-674_deco[1]
冷たいドリンクを入れると色が変わるコップ。

17-10-08-22-16-56-957_deco[1]
Costcoもね。
イサクアに本社あるからね。

17-10-08-22-30-27-528_deco[1]

豊作ですわ。




その後、やっとhatcheryへ。
孵化場ね。
ここで遂にサーモンとご対面。





以前、行きそびれて、バラードロックでサーモン見たことあったな。
その話はこちらから↓
ハイラム・M・チッテンデン水門



そんなの比じゃない。
ここにはたっくさんいる。


17-10-09-08-54-01-804_deco[1]
子供たちが餌やってたわ。

17-10-09-08-51-53-569_deco[1]
肉眼だとよく見えないんだけど、専用メガネでのぞくと
うようよ。

17-10-09-08-50-49-755_deco[1]
私たちはメガネだけ購入。


このメガネ、日食グラスと似てるから同じなのかしら、って聞いたら
同じっておばちゃん答えたけど、さぺが太陽見たら、違う!!って絶叫してたわ。



このメガネ、すごくよくサーモン見えるから、お勧めです。




にしても、サーモンってどうやって、元いた川に戻ってくるんだろう?
何を頼りに??
すごい不思議よね。



そのサーモンが力の限り、その段差を超えようとしてジャンプする。






17-10-08-22-11-27-520_deco[1]


健気に何度も何度もチャレンジする。




サーモンが必死でジャンプする姿はなんだか泣けてくる、マジで。


涙もろすぎババアです。
感動動画はこちらから↓












するとさぺが本格的に悲しみだすじゃない。




サーモンたちは間違ってあの右の檻に入ったら最後。



17-10-09-08-41-06-236_deco[1]



あとはするするーっと流されて保護されて、食べられちゃうんだ。
人間の罠だ。



もしさぺ少年だったら、夜中に、あの段々とこのろに板を渡して
サーモンを助け出したと思う。



あぁ、サーモンがかわいそう、もうサーモン食べられない、
ってうるさいから、
なんであんな風な造りになってるのか係の人に聞いてみた。


17-10-08-22-12-37-964_deco[1]


本当は、右の柵の中へ入る事で、
無事に産卵して養殖する助けになる施設に行ける構造になってるのだけど、
サーモンの本能で、ジャンプして上がって行こうとするんだって。
ただあれを仕掛けておかないと、サーモンはどんどん奥へ行ってしまう、と。



サーモンは外敵も多く、自然にすると生存率が下がるからサポートしてるとの事。



それを聞いたさぺ、
5分もせず、これならサーモン食べられるわぁ~って。




私は乾いた声で言ったよ。
それはよかったですね、さぺさん。





いやぁそれにしてもサーモンでかいわ。
こっちに来て初めて食べたソッカイサーモン。



この子たち、産卵時に顔は緑、体は赤色になるんだって。
すごくない?

17-10-08-22-32-36-486_deco[1]


サーモンの生態について勉強にもなるし、
とにかく見ていて面白いし、来て良かったわぁ。

17-10-08-22-33-34-560_deco[1]





その後、また露店を物色。


そういやぁアルパカ製品店が本物のアルパカ連れてきてた。
かわいー。

17-10-08-22-31-20-739_deco[1]


その後、ビーンバッグを投げると
$15のサーモン定食が$1で食べられるとゆうゲームが。
Bean Bag Tossね。


前やったじゃん。
その話はこちらから↓
ウェストミンスターのファミリーピクニック


さすがアメリカ定番ゲームだけあるわ。


17-10-08-22-17-49-964_deco[1]







さぺが参戦も、見事に外す。
ちぇーッ。



そんな感じで、かなり楽しいイベントでした。
帰国前に行けてよかったー。

シアトル秋の風物詩です、おすすめ。






人気ブログランキング