12月の中旬、外出から帰ってポストを確認。



おや?




なんだこのハガキは。
キングカウンティから。


18-01-11-00-46-38-620_deco[1]


ん??




OFFICIAL JURY DUTY NOTICE??




なにこれッ??


18-01-11-00-45-43-293_deco[1]



私、逮捕されるッ??




高鳴る心臓。




やばいやばいやばい。




あの時、黄色信号思わず行っちゃったけど、ほぼ赤だったあれか?
それともあの時の黄色からの赤信号??



と思い浮かぶのは全て信号。




度重なる交通軽違反からついに、逮捕なのかッッ???
そんな恐ろしいルールがあるのかアメリカはって国は??




さいあくだわー。



ああ。



1月2日って新年早々出頭??
へんに猶予期間があるのね。


しかも8時って朝がはえぇわ、早すぎだわ。
私のお正月はよ??



これで年末年始のLA旅もおじゃん。




いや、そんなのんきな事言ってる場合じゃないよね。
逮捕だもの。
牢屋だもの。



アメリカさんよう、私が一体なにをしたってゆうの。





と、大パニック。





さぺに急いで電話するも、当然仕事で出ない。



さぺにテキストでハガキの裏表写真を撮って送信。



そしてしつこくかけて、やっと応答。




だって妻が逮捕されるんだから!!!
電話出てよ!!!



さぺが調べてくれた結果、陪審員制度だった。



私、陪審員として招集されてんだって!!!



なぜ私ー!!!!



落ち着いてネットで検索してみると、
免許証からランダムに抽出されるみたいで
citizenとかなんとか見てないみたい。




そもそもなんで私、逮捕って思ったかってゆうと、
jury(陪審員)をただ「j」から始まるというそれだけでjail(刑務所)と勘違いしたわけ。



ちなみに、juryは学校で頻出単語で私も知っている単語なのに。



ほかに、candidate(候補者)という単語も目に入ったんだけど、
これはもはや逮捕候補者、と思い込んだ。
我ながら意味不明。




それでハガキに書いてあるURLに飛び、質問に答える。



Qualification Questionnaire


1.  Will you be 18 years of age or older on the date of the summons?

Your answer:  Yes


2.  Are you a US citizen?

Your answer:  No


3.  Are you able to communicate in the English language?

Your answer:  No


4.  Are you a resident of King County?

Your answer:  No



あれ、4番Noってしちゃってるけど、これはYesだったか。
もう逃れたくて逃れたくて全力で否定、笑。





とにかくこれで、私は陪審員から免れるんだって。
US citizenじゃないし、英語喋れないし。





ふぅぅぅ助かった。



ちょっと出てみたい気もしたけど?
仕事してないから支障ないし。


日本で昔、裁判の傍聴行った時があって。


当時千原ジュニアが、へたな映画見に行くより面白いとかゆってて、
私ジュニアって1mmも面白いと思ったことないんだけど、
その証言だけは正しかったわ。


本当にスリリング。


でもそんなん興味本位で行って、
容疑者に目をつけられて逆恨みされてもやだし、
そもそも悪趣味だからやめた。




これねえ、周りに聞いてみたら、駐在の人では当たった人いなかったなー。
長年住んでる人は、やっぱりある程度の間隔でやってくるって言ってたけど。


なんにせよ私、免許取ってまだ1年ちょいなのになぁ。






人気ブログランキング