年末Hさんちに行った際、たっくさんの御馳走を作ってくれた。


18-03-29-22-54-35-586_deco[1]



その中ですっごく美味しかったのが、真ん中の蒸し魚料理。



白身魚がとろっとろ、脂のっててすごい美味しい。
どっちかってーとギンダラっぽい感じなんだけどHさんはSeabassって言う。



えー??これ絶対シーバスじゃない。
シーバスってだって、スズキでしょ?
こんなとろとろじゃないでしょ。


そしたら、こっちのシーバスは日本でいうところのスズキに該当せず、
銀ムツだって。
やっぱりなー。


っで、我が家で一緒に作ることに。



WHOLE FOODSでまずは魚を買う。

18-03-29-22-43-05-889_deco[1]



正式名称がChilean Seabass Fillet


18-03-29-22-44-05-573_deco[1]



これがたっかー!!

1lb、すなわち453gで$29.99
この日は1切れ$34.79

たっかー!!!

なんでも10年くらい前にすごく数が減ってしまって、価格が高騰してるもよう。



さて。



まずは鱗を取る作業から。

18-03-29-22-42-22-961_deco[1]


いやー私、鱗取った事あったかしら??
子供の時やったか??
とにかく大人になって初めてで、すっごいきもちいいね、これ。
ガリガリ取る感じが。


それから縦横に浅く切り込みを入れて。

18-03-29-22-39-32-934_deco[1]


酒と塩をふって。
その溝にねぎとしょうがを入れる。

18-03-29-22-40-16-441_deco[1]


入れ込み物は後で捨てる。


15分置く。


その間にオイルを作る。

18-03-29-22-38-19-629_deco[1]


オイルににんにくと生姜を入れて熱する。



魚を蒸すこと9分。

18-03-29-22-41-16-569_deco[1]


熱々の油を上からかける。
パチパチいい音!



そこに、Hさんが買ってきてくれた
李錦記の魚用ソースにお砂糖少々入れたのをかける。

18-03-29-22-36-41-751_deco[1]



パクチーと唐辛子をかけたら出来上がり。


18-03-29-22-35-54-131_deco[1]



これが、美味しい!!!!
脂のってて。
ソースのお味もいい感じ。


これはスペシャルディナーにいいね。
なんせ高くてそうそう食べられない。


食後は源吉兆庵の春の和菓子を。

18-03-29-22-35-01-905_deco[1]


桜のおまんじゅうと栗のおまんじゅう。
どちらも上品なお味で。


一緒にごはん作って食べるのって楽しいなー。





人気ブログランキング