8月の検診。


18-08-28-11-58-48-136_deco[1]


事前に病院から電話があり、
数か月前に予約してたその日に
ドクターがいないから違う日に変えてくれという。


で、指定された日に変えれるよと返事すると、
その日はドクターがいないから、違うドクターでもいいか?と。


謎。
そっちがこの日ならドクターいるって言った日に変えたんですけど。



もちろん、むしろ違うドクターでいいです、って感じ。


で、迎えた診察の日。



まずナースがグルコーステストの説明とジュースくれた。


そして電話通訳の方とナースに転院するかもしれない話をした。


私の希望によりあった病院を見つけたから転院したいとざっくり伝えたら、
さぺがその言い方は失礼じゃないか、って後で言いだして、二人でもめた。
どこが失礼なのか意味わかんない。
あえて私は医者と合わないを伏せてみたんだけど。



そしてこの日は予告通り、いつもと違う若い女医さん登場。


この女医さんがとってもやさしくて、いい人で。


親身に話聞いてくれる。
最初からこのドクターだったら私、転院考えなかったんじゃないかなぁ。


ドクターが転院したい理由をよかったら教えてくれないですか?というから
正直に、元々のドクターと合わなかった事、
エバーグリーンはLDRルームがある事、(今年は工事中だけど)
いい助産師さんに出会えた事を伝えた。


女医さんは、元ドクターと合わなかったことに関しては
I'm sorryと言ってくれた。


確かにここにはLDRルームはないわ、
でも助産師さんに変更することは可能だからアポとりましょうか?と言ってくれた。


けど、とりあえず断った。


あたりまえだけど、Overlakeにもいいお医者さんはいるんだわぁ。


そして転院手続きを始める。


手続きといっても、ただEvergreenに初診のアポを取り、
Overlakeでは情報を送っていいですよ、という同意書にサインする事だけ。
簡単。


これで転院問題は終了。
ほっとしたわぁ。




人気ブログランキング