2回目のEvergreen Hospital、31週の検診へ。
前回から3週ぶり。
今回も通訳の方が来てくれた。



最初に看護師さんが体重と脈を測る。
その後に質問ありますか?と聞かれる。



3週に1度だから質問事項はまとめておいた。



体重の件
インフルエンザの件
搾乳機の件




そしたらすぐにインフルエンザワクチン打ちますか?となり。
日本語の説明書をくれた。
そしてすぐナースが打ってくれた。

打った後が鈍痛ね。
48時間内にインフルの症状が出ることが稀にあるとの事だったけど
大丈夫だった。

さぺも薬局で打つようにとの事。



そして助産師さんに交代。
助産師さんは毎回違って、それにより
出産当日も誰かしら今まで診てくれた助産師さんに当たるから安心、
という事であったけど、2回連続同じ助産師さんだった。



最近ちょっと不安に思ってるのが
けっこう好きなものを好きなだけ食べてるのに意外に体重が増えないこと。



5月から家で体重を記録してるけどこの4か月で3.5kgしか増えてない。
会う人会う人、週数の割にお腹が小さいって言ってくるし。
といってもみんな日本人ではないけど。


それでちょっと気になって助産師さんに聞いたら
数値としては低い推移ではあるけど、平均内だから問題ないとの事。


子宮のサイズも30cmで週数プラスマイナス2cmで問題なし。

赤ちゃんの元気な心拍音も聞けて安心。


搾乳機は、アメリカは保険で全額カバーされるので
助産師さんから処方箋をもらって受け取る方式。


その後指定のところに電話して
そこから郵送されると聞いていたのだけど、
病院内の売店でも受け取れるという事で
コーラル(この病院は色でエリアを分かりやすくわけている)の
3Fにある売店へ行ってみた。

Baby & Family Boutique

18-09-26-18-41-44-963_deco[1]



すると、やっぱり保険会社に確認しないとわからないようで
この日は受け取れず。


この売店、厳選されて必要なものが全て揃ってたわ。

搾乳機はメデラの電動搾乳機、Pump In Styleの予定。

18-09-26-18-49-48-194_deco[1]

授乳クッションはこのMy Brest Friendが候補。

こちら、他と比べて固めで安定感がよく、
高さも割とあって調節の必要がなく、
腰のホールドで腰痛にもよい、との口コミ。


18-09-26-18-46-55-838_deco[1]

それからアメリカの赤ちゃんって帽子かぶるよね。


18-09-26-18-45-11-601_deco[1]

そして便利だと聞くジッパー式簡単おくるみ。


18-09-26-18-48-25-509_deco[1]




今、いよいよ赤ちゃんグッズを用意しないとと焦ってきているところで。
でもなんか、いまいち何用意していいかわからなくって
全然進まないんだよねー。





人気ブログランキング