今日で予定日過ぎて8日目。

昨日は41週検診へ。




18-11-29-22-53-07-234_deco[1]


いつも通りナースの体重チェックと脈確認。


今回、母も来たので通訳の方、さぺ、私、と大所帯。
何事って感じだよね。
ぎゅうぎゅうの診察室。



その後、25分間、ノンストレステスト。
お腹に2つまるいモニターを貼り付けて
赤ちゃんの心拍と陣痛の強さを計測。

18-11-29-22-51-44-059_deco[1]


赤ちゃんの心拍は良好、
陣痛はどうなのかなぁ、とりあえず通常値を見るっていってたけど。



その後、助産師さん登場、子宮口の開きをチェック。
9日前はゼロだったのが、すこーしだけ開いてるとの事。

助産師さんグイグイ指入れてくるからいったくて、
この時、陣痛の数値が上がってたけど。



今後の予定として、
午後の羊水検査の結果、問題がなければ
来週にまたノンストレステスト、
子宮口を広げるためのバルーンを膣に入れて家で一晩過ごし、
翌日、陣痛促進剤をうち、そのまま入院、出産という流れに。



あれなんだって。
バルーンは不快感があるし、
陣痛促進剤を使うと陣痛をより強く感じる人が多くて
エピデュラル(無痛)にする人が多い、と。
それは困った。



助産師さんは更に、来週より前に陣痛促進剤をしたければそれでもいいし、
待てるまで待つでもいいし、私次第と。


私は別に急いでないし、赤ちゃんも小さめと言われてるし、
その前に自然に陣痛くるかもだし、待ちますわ。



そして午後の超音波検査。



18-11-29-22-56-45-215_deco[1]


この日は事前に研修生が入っていいですか、と聞かれていた。
まずは研修生がチェックし、その後慣れた人が仕上げで見てくれた。


研修生はエコーをお腹にあてる圧が、まだまだ遠慮があるのか弱くて
ちょっとくすぐったかったわ。


その後ドクターが来て、総括。


結果、羊水の量は少な目だけど正常の範囲内、問題なし。



ちなみに久々に坊やの顔が見れるかと思ったら、右手で顔を隠してた。
焦らすー。
恥ずかしがり屋なの?
眠いの??


母とさぺは、超音波検査の薄暗い室内にて
すっかり眠気を催していた、
ちょっとー!!
超音波検査って一番楽しいやつでしょ。


母はアメリカのお医者さんはみんな明るくていいわ!と
しきりに言っていたけど、完全に人によると思うけど。


というわけで、遅くとも来週中ごろには生まれる事になりました。



人気ブログランキング