快晴の朝。
美しい湖。


20-05-14-12-06-41-524_deco

最後の最後にアパートメントに寄って。


ほぼ徹夜となってしまったさぺ。
パッキング頑張ってくれた。


なんとか航空便を9箱におさめて
レンタカーしたでっかい車に積み込む。




20-05-14-11-03-54-425_deco



Sea-Tacに到着。
はじめて、カウンターまでの距離、荷物を運んでもらう人に
お願いした。
いくらだっけかな、$15だったか。



さぺはレンタカーを返しに。


その間、私と坊やは待ち。


売店の前のイスに座ってたんだけど。
坊やぐずって、エルゴで坊やゆすって売店まわりのイスエリアを徘徊してたの。


そしたらね、テーブルに突っ伏して
手がだらんとテーブルから落ちちゃってる黒人の男性がいてね。



私は最初、くつひもでも触ってる、
ちょっとへんな人かと思ってたのね。



そしたら売店のお姉さんが、
こそっと、そっちに近づくな、って言うのよ。



そしたらほどなくして、
感染予防みたいな防護服着た警備員?の人が5、6人来て彼をチェック。



えー?コロナで倒れてるの??
この時は本当に怖かったわ。
私と坊や、彼の真横通り過ぎてたから。


結局なんだったかわからないけど。



そしていよいよ乗り込む。
本当に本当にギリギリ。



9箱+手荷物たくさん。
飛行機ガラガラだったからなんとか。



20-05-14-11-38-49-540_deco



直前になって、
この時期飛行機乗るの本当にこわいという気持ちになってたけど
こんだけがらんとしてたら平気なんじゃないか、と思ったわ。


隣とかいないから。
1列に2人いるかいないか。


バシネット席だったけど、
隣近所いなくて、坊やが騒いでも全然気にならなかったのは
ありがたかった。




人気ブログランキング