今はコロナの影響で
クラスもzoomのオンラインクラスみたい。


ジョイフル・サイニング・アカデミー



20-10-01-23-23-29-101_deco




私が通っていたころは
平日クラスと土曜クラスがあって、
私はさぺも育児に参加すべきだと思ったから、
土曜クラスを取った。


こちら、大体3組か多くて4組かで、
パパ、ママ、こどもの参加。

同じくらいの月例の赤ちゃんもいて、
育児に関するいろいろな話を共有できる、
いい場所だった。


こどもの月齢は何歳からでも参加できるんだけど、
私たちは坊やが10か月の頃から1歳2か月、帰国まで続けた。

もちろん最初は坊やがサインできるわけでもなく。

お歌を楽しんだり、楽器を鳴らしたり、
紙芝居を見たり、
とにかく繰り返し繰り返しサインを見せる、という事を続ける。

散歩の道すがら、私は葉っぱのサインを
しつこくしつこく坊やにやって示して、
坊やのはじめての言葉は葉っぱとなった。


習ったサインを覚えるのはもちろん大変だけど、
実際どんどん使っていくことで覚えられる。
意識して実用的なものからやるようにした。
これがなかなかできないんだけどね。

自分の名前のアルファベットと坊やの名前のサインはできたのに、
今もうできなくなってた!!
また勉強しなおさなきゃ。


ジェスチャー当てクイズもよくやったなぁ!


クラフトの時間では
坊やの手形をとったり、足形をとったり、
先生がある程度作ってくれているから、
のりづけするだけ、とか、で、作業しながら
先生やママやパパたちとお話できて、楽しい時間。

作品は記念になるし、とてもよかった。

ずっと続けたかったなぁ。


私も、久々に勉強しよう!という気になったし、
そんなこと言いながら、実際全然復習してなかったけど。

さぺと坊やの成長の色々を話せる機会も増えたし。

坊やと少しだけど、サインでコミュニケーションをとることもできた。

坊やができるサインはモアモア(もっとちょうだい!)と
ベイビー(赤ちゃん)くらいなんだけど。


いやなんならね、こんな数個であれば
クラス取らなくて、独自でやってるママたちも全然いるんだけど。



でもね、このクラスの何がいいって
毎回お歌から紙芝居、クラフトと
盛りだくさんで楽しいのはもちろんのこと、
シアトルにいて、ちゃーんと日本の文化に触れられること、
ほかのママパパたちとの会話の機会があること、
それから、先生がとても気さくであたたかくて素晴らしい方たどいうこと。



そしてね。
ベイビーサインをやる坊やのしぐさのなんともかわいらしいことよ!
これは親ばかとかではなく、うちの妹も、坊やのベイビーサインを見たがる。



日本に帰国してからも、ベイビーサインのクラスは
ぜひ取ろうと考えていたけど
コロナということもあって、考えちゃうよね。



人気ブログランキング