今回、年賀状をシアトルに出すにあたって
手紙を同封する必要があるものがあって。
年賀状と手紙を封筒に入れて送った。


シアトルには年賀状の葉書タイプは早くて18日、
その人の封筒タイプは37日かかった。


これはハガキと封筒の違いなのだろうか?
同じ日に出したのだけど。


その際にね、重さが不明で切手を買うのに
郵便局の方がグリーティングカードですか?と。


まだ封をしてない状態で年賀状と手紙を持ってたのよ。
それを見て。
そうです、というと、グリーティングカード適用で
価格が少し安くなるみたいで。
アメリカは第二地帯で110円。
っで、封筒にgreeting cardのスタンプ押してくれた。





21-02-23-13-47-15-676_deco




っで、後日ね、また年賀状と手紙を封筒に入れて送ろうとして
既に封していた状態で切手代はおいくらでしょうか?
グリーティングカードなんですけど、と言うと、
中身見せてください、と。


中身を確認してグリーティングカードってわからないと
適用にならない、と。


なんだそれー!
もう封閉じちゃったもん、再度開けたくない。

これね、ちょっと前回と封筒サイズや重さが多少違うから
正確に前回と比較できないんだけど
100円くらい違う気がする。

なんか、このグリーティングカードシステム
もうちょっとなんとかならないのかしら。



封しなきゃいいじゃんって話??





人気ブログランキング