なかめのR子、シアトルで駐妻になる。

シアトルから30分、隣町ベルビューでおたくの夫、さぺと英語ゼロのR子の二人で 不器用に暮らしてます。
アメリカ暮らし、英語について書いてきます。

カテゴリ:アラスカクルーズ

4つ目の寄港地であるケチカンはサーモンとトーテムポールの町。船は朝7時に到着。その前にバフェで朝食を済ませ、下船。朝はお粥にかぎる。ちなみにバフェのワッフルがカリッとしてて美味しい!たっぷりバターにメープルシロップだくだくかけていただきます。さて。この日は ...

ランチはバフェ。私はバフェが気軽で大好きなんだけど、さぺは謎にレストランの方を好んでいて。ちゃんと席に通されて、接客を受けて、優雅にコースを食べる方が落ち着くらしい。お嬢様か!でもバフェで押し通してやった。14時からズンバに参加。それからジムでちょっとだけ ...

この日は7月4日、アメリカ独立記念日。そんな日に世界遺産のグレーシャーベイ国立公園に来れるなんて!!朝6時、バーレット入江なるところに突入。まじめな私は5時半起きで、先にバフェで朝食を済ませ7時前にはデッキへ。がらーん。そんな勢い勇んでる人たちは数名でしたわ。 ...

ランチ後また町に戻り、散策。スキャグウェイはゴールドラッシュで栄えた町。当時は2万人もの人が住んでいて、アラスカ最大の都市だったとの事。バーも80軒くらいあったって。元売春宿のレッドオニオンサルーン。今はレストランとして営業していて当時の衣装を身にまとった女 ...

この日は朝7時に2つ目の寄港地、スキャグウェイに到着。早起きして初めてホライゾンコートのバフェの朝ごはんを食べた。チキンコンジーってお粥ね、これが美味しい!エクスカーションはプリンセスクルーズで申し込んでおり事前にポストにチケットが入ってるはずだったのだけ ...

↑このページのトップヘ


人気ブログランキングへ Subscribe with Live Dwango Reader